ペイントソフト用音声認識アシスタント 『タンポポ』

ペイントソフト用音声認識アシスタント 『タンポポ』

発売日: 2020年04月30日
提供方法: ダウンロード
バージョン情報: 1.03
更新日: 2020年10月23日
¥1,100(税込)

※本製品にペイントソフトは付属しておりません。
◆動作環境

対応OS : Microsoft Windows 10

CPU : Pentium 以降(もしくは互換)のCPU (推奨 1GHz以上)

メモリ :1GB以上

※音声認識機能を使用するにはサウンドデバイス、およびマイクロフォンが必要です。


下のボタンを押すことで、利用規約に同意したものとみなされます。
※無料体験版は製品登録無しに30日間全機能がご利用いただけます。
Q&A
Q&Aでは、お問い合わせの多い質問やトラブルについての解説を掲載しています。
Q&Aを確認しても問題が解決しなかった場合は、お気軽にお問い合わせ下さい。
  • Q.
  • 音声認識を有効にするには、どうすれば良いですか?
マイクの接続を確認してから、キャラクターを右クリックして表示されるポップアップメニューから「音声認識」を選択して下さい。
  • Q.
  • マイクの設定方法がわかりません。どうすれば良いですか?
[Windows10の場合のマイク設定方法]
マイクを接続し「コントロールパネル」->「ハードウェアとサウンド」->「サウンド」-> 「録音」(システムトレイのスピーカアイコンを右クリックしてサウンドを選択する事も可) から使用したい録音デバイスを「既定のデバイス」に設定し、「プロパティ」->「レベル」 から音量を調整します。試しに Windows 付属の「サウンドレコーダー」で、マイクの 音声が録音できるかどうかを確かめて下さい。 録音ボリュームは小さすぎると発声開始を正しく検出でず、逆に大きすぎると音割れを 起こして認識率が悪くなります。音が割れない程度に調節して下さい。
  • Q.
  • 「音声認識の開始に失敗しました。」とポップアップメッセージが出て音声認識ができません。どうすれば良いですか?
このメッセージが表示された場合はマイクが正常に接続されていない、またはマイクが有効になっていない可能性があります。
マイクの接続や[プライバシー]設定等を確認して、本製品を再起動し、[音声認識]を有効にして下さい。
※詳細はPDFマニュアルを参照して下さい。
  • Q.
  • 話しかけても「アプリケーションが選択されていません。」と出てショートカット入力が実行されません。どうすれば良いですか?
[環境設定]で指定したアプリケーションをマウスでクリックして選択状態(アクティブな状態)にしてから話しかけて下さい。
※本製品は誤入力を防ぐため、[環境設定]で指定したアプリケーション以外にはショートカット入力を行いません。
  • Q.
  • 「CLIP STUDIO PAINT」の実行ファイルを設定したのですが「クリスタ起動して。」と言っても起動せず、「CLIP STUDIO PAINT」 をアクティブにして話しかけても「アプリケーションが選択されていません。」と出て認識しません。何故でしょうか?
環境設定で指定した実行ファイルの名前が「CLIPStudioPaint.exe」となっているか確認してみて下さい。もし「CLIPStudio.exe」となっていましたら、それは「CLIP STUDIO」の実行ファイル名なので「CLIP STUDIO PAINT」の実行ファイルではありません。

下記にデフォルトの「CLIP STUDIO PAINT」の実行ファイルの場所を記載します。
C:\Program Files\CELSYS\CLIP STUDIO 1.5\CLIP STUDIO PAINT\CLIPStudioPaint.exe
  • Q.
  • マイクが正常に接続されているのに、キャラクターが正常な反応をしません。何故でしょうか?
マイクが正常に接続されているのに、音声認識が正常に機能しない場合は、一度Windows付属の「ボイスレコーダー」アプリ等で自身の声を録音して、 録音品質を確認してから、下記項目を確認してみて下さい。

  • 録音した音声がこもっていたりノイズが混じっている場合、マイクのデバイスドライバを最新のものにするか、マイクを交換する必要があるかもしれません。
  • 周囲の雑音が多い場合は、なるべく静かな環境で試してみて下さい。
  • 録音された音声のボリュームが小さい、または大きすぎる場合は、「コントロールパネル」->「ハードウェアとサウンド」->「サウンド」-> 「録音」(システムトレイのスピーカアイコンを右クリックしてサウンドを選択する事も可) から使用している録音デバイスを右クリックし、 「プロパティ」->「レベル」 から音量を調整します。 マイクの録音ボリュームの調整が不適切だと認識率が低下します。
  • 上記で表示した「マイクのプロパティ」ダイアログの「詳細」タブをクリックし、「既定の形式」のサンプルレートが16000Hz以上になっているか確認して下さい。16000Hzより低い場合は正常な認識ができません。設定を変更するかマイクを交換して下さい。
  • 本製品を再起動(一度終了してから起動)してみる。


録音品質に問題がなかった場合は、下記項目を確認してみて下さい。

  • 文頭にキャラクター名を付けて話しかけているか確認して下さい。
  • 「CPU」や「メモリ」の使用率が高くなると、認識率が低下する場合があります。本製品以外の起動中のブラウザやその他のアプリケーションを終了してから話しかけてみて下さい。
  • 発話(単語)の間が開き過ぎると文章が分割されてしまい、音声コマンドが正常に認識されない場合があります。 単語間の間を開けないように、なるべく連続して発話してみて下さい。
  • 発話者の声が低い場合は少し高めに発話してみる、また高い場合は少し低めに発話してみる等すると認識率が向上する場合があります(声は低めの方が認識率が良いようです)。
  • 早口またはゆっくり話してみる等、発話する速さを変えてみると認識率が向上する場合があります。

⇒マイクの接続&設定方法
  • Q.
  • 音声データはインターネットを通してどこかに送信されていますか?
いいえ、本製品はローカル(本製品が実行されているコンピューター)で音声認識処理をしているので音声データはどこにも送信されていません。
  • Q.
  • インストールは出来たのですがソフトが起動しません。どうすれば良いですか?
インストールが正常終了しているのに本製品が起動しない場合は以下を確認してみて下さい。

  • セキュリティソフトがインストールされている場合は、セキュリティソフトを停止してから起動してみて下さい。
  • インストール先の実行ファイルを直接ダブルクリックして起動してみて下さい。
  • Q.
  • ショートカットを設定するにはどうすれば良いですか?
ショートカットの設定は[環境設定]ウィンドウの[ショートカット設定]タブで設定できます。
※詳細はPDFマニュアルを参照して下さい。
  • Q.
  • 音声コマンド(命令)の文章は、自分で変更や追加ができますか?
はい、好きな言葉で音声コマンドを作成・追加していただけます。
  • Q.
  • 音声コマンドで起動するブラウザやメーラーは変更できますか?
はい、[環境設定]ウィンドウの[基本設定]タブで起動したいアプリケーションの実行ファイルを設定して下さい。
  • Q.
  • キャラクターを全て非表示にした場合、再度表示するにはどうすれば良いですか?
再度表示するには、まずデスクトップ右下のシステムトレイにある本製品のアイコン上を右クリックしてください。
するとポップアップメニューが表示されますので、[キャラクター]項目のキャラクター名をクリックしていただくことで再度表示されます。
  • Q.
  • 製品を新しいバージョンにアップデートするにはどうすれば良いですか?
本製品をアップデートするには、新しいバージョンのインストールファイル(実行ファイル)をダブルクリックして実行し、 画面の指示に従ってインストールして下さい。インストールする場所は、製品が既にインストールされているフォルダを選択し、 上書きインストールしていただくことで正常にアップデートできます。

※アップデート作業は本製品(アプリ)を終了してから行って下さい。
  • Q.
  • 最新バージョンは何処からダウンロードできますか?
商品ページの[ 無料体験版をダウンロード] ボタン、 または「マイページ」の「注文履歴」にある「ダウンロード」ボタンから最新バージョンをダウンロードできます。

※どちらからダウンロードしてもインストールファイルは同じものです。
※ZIPファイルの名前は同じでも内容は最新版に置き換えられております。
  • Q.
  • マクロ使用後に他のアプリを選択すると「押さえているキーとボタンを離したよ」と表示されます。何かボタンが押されたままなのでしょうか?
マクロ使用後はアプリが切り替わった際にキーやボタンが押さえられていなくてもこのメッセージが出る場合がございますが、誤入力防止のための仕様ですのでご安心下さい。 本製品ではアプリが切り替わった際にキーの押下状態を確認し、システムが内部的に押さえている(実際にキーを押さえていなくても)と判断すると操作不能を避けるため、キーやボタンを離す仕様となっております。 また、この時マクロの入力操作が終了していなければ、残りの入力は取り消され実行されません。